検査設備

影装置(CTスキャンシステム)※写真左

レントゲン装置(デジタル画像診断システム)

腹部超音波エコー
先進のテクノロジーを取り入れたシステムで、鮮明なエコー画像を得られ、効率よく検査を行えます。

心電計
きめ細かに心電図検査をカバーします。異常波形を確実にキャッチし、不整脈を検出します。

骨塩定量測定装置(骨年齢の測定)
足をのせるだけで、どなたでも簡単に骨密度などが測定できます。骨粗しょう症や骨折の予防・早期発見に用います。

超音波を使用するので、X線装置での検査が難しい妊婦さんにも安心です。

血圧脈波検査装置(血管年齢の測定)
血管の硬さ・詰まり・バランスを測定し、動脈硬化や生活習慣病の早期発見・予防に活用します。

電子式スパイロメーター(肺年齢測定)
1秒間に吐ける息の量から、標準の方に比べての呼吸機能を測定します。肺年齢を測定することで、健康維持や禁煙指導、呼吸器疾患の予防などにつとめ、患者様に肺の健康意識を高めていただきます。
患者様には呼吸をしていただくだけ。とても簡単に検査できます。